住民に愛されている春日部の花

豊かな自然に恵まれた春日部は、フジや桜など、花の見どころがたくさんあります。

春日部を代表する一番人気の花は「牛島のフジ」です。 牛島のフジは、園芸品種としては日本最大の紫フジの巨木で、根回りの太さは9.2メートル、枝は東西に34メートル、南北に14メートルあり、藤棚の総面積は700平方メートルに及びます。 樹齢は千年以上といわれており、一説では、弘法大師が手植えしたものであるとも言われています。 樹齢千年を超えた今も、毎年4月下旬から5月上旬にかけて開花し、最盛期には花房が最長2.7メートルに達し、周辺に優雅な香りを漂わせています。 毎年4月の最終日曜日には「藤まつり」が盛大に開催され、多くの人でにぎわいます。 1928年に国指定天然記念物になり、さらに1955年に特別天然記念物になりました。 日本の天然記念物に指定されたつる性植物の中で、特別天然記念物になったのは、現在のところ牛島のフジだけです。

春は桜の季節であり、春日部の桜も見事な花を楽しませてくれます。 春日部の桜の名所は、古利根川沿い隣接している牛島古川公園、藤塚三本木公園の2つの公園にあります。 その他にも桜の見どころがあり、春日部観光協会のホームページからお花見マップをダウンロードできます。

また、春日部第1児童センター「エンゼルドーム」前の広場のひまわりや、内牧黒沼公園のハスや菜の花など、春日部には花の名所がたくさんあります。